在宅ワークはほぼ不可能です

残業が多いため帰宅後の時間が削られてしまう

毎月の収入を少しでも増やすために、副業として在宅ワークをしている人も多くいます。在宅ワークには、パソコンを使ったものや商品を組み立てる内職などがありますが、ちょっとした空き時間に出来たり、自分で仕事の量が決められたりすることも多いため副業として便利です。しかし工場で働く場合は、こうした在宅ワークを副業として行うのが困難になるケースが多いと言えます。なぜなら、工場では残業がある場合が多いため、在宅ワークを行う時間的余裕や体力を確保出来ないことが多くなるからです。残業が増えると帰宅後の時間が削られるので、必然的に在宅ワークを行う時間もなくなりますし、疲れて副業をやる気力や体力が奪われてしまうこともあるでしょう。

夜勤もあるので無理に在宅ワークをすると体調を崩してしまう

工場の勤務では、残業の他にも、夜勤をしなければならない場合が多くあります。24時間稼働している工場であれば夜勤は付き物ですし、交代制によって、週ごとに夜勤と日勤が入れ替わるというケースが多いでしょう。こうした交代制の勤務というのは、生活が不規則になるため、体調管理が難しくなります。ですので、こうした状況で無理に在宅ワークを行おうとすると、体調を崩してしまう可能性がありますし、メインの仕事に支障をきたしてしまう場合もあります。ですので、収入を増やしたいという目的があるのであれば、在宅ワークを無理に行うのではなく、残業を増やしてもらうなどした方が効率的ですし、体調管理もしやすくなるということが言えるでしょう。