交替制シフトや夜勤もあります

シフトや夜勤に対応できるか考えよう

日勤だけで働ける工場の求人もあれば、シフトや夜勤をこなさなければいけない場合もあります。働く曜日や時間帯が固定されていないために、日中に自由な時間が持てるなどのメリットがあるものの、決まったスケジュールで働きたい人は注意をした方が良いかもしれませんね。生活リズムが崩れてしまいますし、体力的にもきつくなることが考えられます。特に夜勤が初めてですと、夜に働くことの大変さに馴染めないこともあるでしょう。体への負担を考慮すると、やはり日勤をメインで働ける求人の方に優位性があります。応募をする際には募集内容をよくチェックして、自分の考えやライフスタイルにマッチするお仕事なのか、照らし合わせてみることが大切です。

周りと休みが合わせにくくなる可能性も

交替制シフトや夜勤がある場合、日勤で働いている友人や家族と休みが合わず、予定などを合わせにくいというデメリットもあります。旅行などの外出や家族と一緒にご飯を食べるなどの予定が立てにくくなります。特に交替制シフトの場合は、週によっても勤務時間が変わります。数か月先の予定が分かりづらいため、約束をするのが難しい場合もあります。また、勤務が終わったら明るい日中に寝るなど、一般的な生活リズムとも異なるため、家族の協力も欠かせないでしょう。とはいえ、無理に睡眠時間を削って、都合を合わせるのは体力的に危険です。シフト制や夜勤があるのは都合が悪いという場合は、日勤オンリーの求人を探すのが無難と言えるでしょう。