工場の求人では転勤もありえます

アルバイトやパートでも転勤を打診されることも

工場で働こうとする場合に気をつけたいのは転勤も十分あり得るということです。正社員に限らず、アルバイトやパートとして工場勤務する場合であっても、別の工場で働くことを打診される可能性があります。
なぜ転勤があり得るのかという理由はいくつかありますが、最初に挙げられるのは工場の稼働の問題です。たとえば、特定の商品が大ヒットした場合、その商品を製造している工場はフル稼働ということになりますが、商品の売れ行きが落ちてくれば当然、フル稼働の必要はなくなり、暇になります。従業員の数も多すぎるということになるので、一部を別の工場に移すわけです。また、商品の製造を海外で行うとなった場合は工場自体の閉鎖があり得るので、その場合も転勤を余儀なくされます。

転勤先での仕事はどうなる?

では、なんらかの理由で転勤してほしいと打診された場合、どうすればいいのでしょうか。まず、基本的に工場の従業員が転勤する場合、転勤先で今までとまったく違う業務をやらされるということはほとんどありません。ライン作業をしていた人であれば、転勤先でも同じようにライン作業を担当する可能性が高いです。したがって、転勤先が通勤するのに支障がない場所であればそれほど問題はないでしょう。
転勤に同意できないのであれば、打診を受けたタイミングで退職、転職をするというのもありです。特に学生アルバイトやパートとして働いていた場合、通勤時間や勤務時間が変わることで学業や家庭に影響が出る可能性があるので、転勤には慎重になった方がいいでしょう。